新着記事

2014桜花賞。ぶっつけレッドリヴェールのローテを過去データから分析する

ハープスターを負かすとすれば、というか既に1回負かしているのですが、そのハープスターに勝った阪神JF以来となるローテーションが不安視されるレッドリヴェール。

まずはその休み明け、3歳になっての緒戦が桜花賞だった馬を2000年以降のデータから探してみます。

3歳初出走が桜花賞
馬名 前走 桜花賞
14 レッドリヴェール 阪神JF
5人気1着
11 マルモセーラ 阪神JF
7人気12着
13人気17着
07 ベリーベリナイス エーデルワイス賞
5人気6着
16人気17着
07 ニシノチャーミー 函館2歳S
7人気1着
13人気18着
05 フェリシア フェアリーS
3人気1着
13人気18着
00 マヤノメイビー 阪神3歳牝馬S
2人気3着
7人気2着

該当馬が少ない上に、今回のレッドリヴェールと比較できそうな馬がいないのですが、2000年まで遡るとマヤノメイビーが阪神3歳牝馬S(現阪神JF)以来のぶっつけで2着しています。
1頭だけでは何とも言えませんが、全く無理ではないという事ですね。

もう少し対象を広げてみて、阪神JFで連対していて次走までの間隔が開いた馬を探してみましたが、該当は3頭。
牡馬も朝日杯を対象に探してみましたが、1年以上休んだ00年のメジロベイリーくらいしか該当しませんでした。

阪神JFで連対後、4ヶ月以上休養した馬の復帰戦
馬名 阪神JF 復帰戦
06 シークレットコード 9人気2着 オークス
13人気10着
02 ピースオブワールド 1人気1着 オークス
3人気13着
00 ヤマカツスズラン 1人気1着 ローズS
5人気14着

成績としては散々ですが、シークレットコードは捻挫から馬体減などで復帰が長引き、ピースオブワールドとヤマカツスズランは骨折と、アクシデントの影響です。
この時期のアクシデントはやはり影響が大きいという事で、レッドリヴェールには当てはまらないかもしれません。

あとはこちらもちょっとずれるかもしれませんが、間隔的には似たようなものという事で、朝日杯FS連対からNZTというローテーションの馬が2頭います。

朝日杯FSで連対後、NZTでの復帰
馬名 阪神JF NZT
11 リアルインパクト 4人気2着 4人気11着
08 ゴスホークケン 3人気1着 1人気12着

目標が皐月賞ではなくNHKマイルCという馬ですので、こちらもまたレッドリヴェールとは違います。
リアルインパクトは能力のある馬でもこの休み明けは厳しいという例になりそうですが、震災時に宮城のトレセンにいた為、その影響での調整遅れもあったようです。

と、2歳G1で好走後の休養例を並べてみましたが、全体的に見るとかなりの苦戦傾向で、マヤノメイビーの桜花賞2着だけが希望となるようなデータとなりました。

マヤノメイビーが2着した00年の桜花賞戦線は、阪神3歳牝馬S勝ちのヤマカツスズランが骨折で離脱、4着のチアズグレイスは不良馬場のチューリップ賞で10着となり、桜花賞の人気上位は阪神3歳牝馬Sを使っていないトライアル好走組が占めました。
しかし勝ったのは6番人気のチアズグレイスで、2着マヤノメイビーと阪神3歳牝馬S組のワンツーという結果になっていますね。
ただマヤノメイビーはチアズグレイスに逆転されていますので、ハープスターとレッドリヴェールに当てはめた場合でもやはりハープスター有利となります。

レッドリヴェールには厳しいデータばかりとなりますが、札幌2歳Sで牡馬相手に勝っている馬ですので、過去に例がないような事もやってのけるかもしれません。

今回のデータでは入らなかったのですが、札幌2歳Sで連対した牝馬と言えば11年の秋華賞馬アヴェンチュラが、2歳時のローテと阪神JF後の休養という点ではレッドリヴェールに似ています。

アヴェンチュラは札幌2歳S2着の後、間隔を空けて阪神JF4着。この時の勝ち馬はレーヴディソールですね。
阪神JF後に骨折し休養に入りますが、7月に古馬相手の1600万で復帰戦を飾ると、クイーンS、秋華賞も連勝、エリザベス女王杯でもスノーフェアリーのクビ差2着でした。

レッドリヴェールを、札幌2歳Sを勝ち、阪神JFでレーヴディソールを抑えるアヴェンチュラだと考えれば…非常に楽しみですね。

ハープスター圧勝のチューリップ賞から過去データを使って桜花賞を占う

今年の桜花賞はハープスターとレッドリヴェールの2頭に注目が集まりますが、今回はハープスターに注目してみます。

ハープスターの人気は新潟2歳Sの時点で既に高くなっていましたが、阪神JFはレッドリヴェールに敗れていますし、前走のチューリップ賞の圧勝が大きい部分もあります。
まずはチューリップ賞を1馬身以上の目安である0.2秒差以上の着差をつけて勝った馬をまとめてみます。

チューリップ賞を0.2差以上で勝った馬の桜花賞
馬名 前前走 チューリップ賞着差 桜花賞
14 ハープスター 阪神JF
1人気2着
-0.4
13 クロフネサプライズ 阪神JF
15人気2着
-0.6 1人気4着
12 ハナズゴール 500万下
5人気1着
-0.4 不出走
11 レーヴディソール 阪神JF
1人気1着
-0.7 不出走
09 ブエナビスタ 阪神JF
1人気1着
-0.2 1人気1着
05 エイシンテンダー 菜の花賞
4人気1着
-0.4 5人気6着
01 テイエムオーシャン 阪神3歳牝馬S
1人気1着
-0.7 1人気1着
00 ジョーディシラオキ エルフィンS
8人気12着
-0.2 9人気9着

桜花賞も勝っているのはブエナビスタとテイエムオーシャン。
テイエムオーシャンは改修前の阪神となりますが、ともに阪神JFを制し、牝馬クラシックの二冠をとっていて、チューリップ賞の完勝は実力通りと言えます。

ジョーディシラオキやエイシンテンダーについては桜花賞でも人気になっていませんし、今回のハープスターとは違いますので、考えなくてもいいでしょう。

あとは昨年のクロフネサプライズとなりますが、この馬の場合は逃げ馬という事もあって、チューリップ賞と桜花賞で展開が違いすぎました。

この中でハープスターに最も近いタイプだとレーヴディソールになりそうですが、残念ながら桜花賞は出走せず。
次となるとブエナビスタですが、この馬と比べていいものかどうかは難しいですね。

この2頭とも阪神JFは勝っていて、ハープスターは敗れているところが気になる点ですが、阪神JFの内容的には勝ちに等しいような内容でしたし、そのあたりをどう見るかですね。
レッドリヴェールがかなり強い可能性もありますし、というかハープスターは阪神JFを勝っていればブエナビスタやレーヴディソールと現時点で同列に扱えますので、それを阻止したレッドリヴェールに注目するべきデータなのかもしれません。

それとまたハープスターと少し離れてしまうのですが、上記のチューリップ賞のデータをまとめていて気づいたのですが、チューリップ賞で0.2差以上離された2着馬が桜花賞でかなり苦戦しています。

チューリップ賞で0.2差以上離された2着馬の桜花賞
馬名 前前走 チューリップ賞 着差 桜花賞
14 ヌーヴォレコルト こうやまき賞
2人気1着
4人気2着 0.4
13 ウインプリメーラ エルフィンS
1人気2着
7人気2着 0.6 9人気11着
12 エピセアローム 阪神JF
2人気8着
3人気2着 0.4 6人気15着
11 ライステラス 阪神JF
8人気3着
2人気2着 0.7 5人気12着
09 サクラミモザ 500万下
1人気1着
7人気2着 0.2 4人気10着
05 アドマイヤメガミ エルフィンS
4人気4着
7人気2着 0.4 9人気9着
01 ポイントフラッグ エルフィンS
2人気2着
3人気2着 0.7 8人気13着
00 レディミューズ 新馬
1人気1着
2人気2着 0.2 2人気6着

ここまでハッキリと出ると、今回のデータはヌーヴォレコルトを消すためのデータなのかもしれません(笑)
前哨戦である程度の差をつけられて負けているわけですから、当然と言えば当然なのでしょうが、やはりある程度の差がつくチューリップ賞は相手にも恵まれたと考えるのが良いのでしょう。

ただ該当するチューリップ賞の3着以下には、昨年のアユサンや、一昨年のジェンティルドンナなど桜花賞で巻き返している馬もいますので、相手のレベルではなく、展開などを含めて、チューリップ賞の1戦で能力を発揮できなかったという恵まれ方と見るべきですね。

昨年こそクロフネサプライズに離されたチューリップ賞組が桜花賞で3着以内を独占していますが、これは前述したようにペースの大きな違いがありました。

ハナズゴールが離脱した12年はチューリップ賞4着から巻き返したジェンティルドンナが勝ち、2着にはクイーンCからのヴィルシーナ。

レーヴディソールが離脱した11年はエルフィンSからのマルセリーナが勝ち、クイーンCからのホエールキャプチャが2着。

ブエナビスタの09年はブエナビスタがそのまま桜花賞を勝ちましたが、2着はエルフィンSからのレッドディザイア。

改修前となりますがエイシンテンダーの05年は、フィリーズレビューからのラインクラフトとフラワーCからのシーザリオ。

チューリップ賞でハッキリとした着差がついた年は、チューリップ賞以外のステップからの活躍が目立っています。
今年でいえばクイーンCからのフォーエバーモアがいかにもですが、人気通りですね…。

2014桜花賞登録馬20頭。ハープスターの相手探し?

4月13日に行われる桜花賞の登録が行われ、20頭が登録を行いました。
フェアリーS勝ちのオメガハートロックは回避、フィリーズレビュー3着のエスメラルディーナもダート路線に行くようで登録はありません。

優先出走馬
ハープスター
ヌーヴォレコルト
リラヴァティ
ベルカント
ニホンピロアンバー
ペイシャフェリス
ニシノミチシルベ

賞金上位馬
レッドリヴェール
ホウライアキコ
フォーエバーモア
マーブルカテドラル
フクノドリーム
コーリンベリー
アドマイヤビジン
シャイニーガール
モズハツコイ

以下の800万組4頭のうち抽選で2頭が出走可能
カウニスクッカ
ダンスアミーガ
ブランネージュ
レーヴデトワール

やっぱりハープスターで仕方ない雰囲気なんでしょうか?
阪神JFの上位馬がそのまま人気になりそうですが、レッドリヴェールはその阪神JF以来、フォーエバーモアはクイーンCからと不安は残り、例年桜花賞の中心となるチューリップ賞組はちょっとハープスターを逆転するのは難しそうな印象で、ハープスターが抜けた1番人気になるのは間違いないでしょう。

レッドリヴェールに付け入る隙があるかどうか、というのが大きなポイントになりそうですね。

フラワーCはバウンスシャッセが快勝。桜花賞ではなく皐月賞へ挑戦

フラワーC

1着 バウンスシャッセ
2着(同着) マイネグレヴィル
2着(同着) パシフィックギャル

勝ったバウンスシャッセは先行の内で進め、直線を向いたところで一旦前が詰まる形になりましたが、進路が見つかると一気に突き抜け2馬身差をつける完勝。
やや遅かったペースも、今の中山の馬場状態もこの馬には合っていた印象ですね。

この後は桜花賞ではなく皐月賞へ向かうとの事。
前走で牡馬相手に中山2000の寒竹賞を勝っている事もありますし、阪神1600でハープスターとやるよりはこの馬自身の適性としては良さそうですが、牝馬で皐月賞というのは非常に難しいですし、フラワーC勝ちだけではどうしても見劣りしてしまいますね。

2着同着のマイネグレヴィルはこちらも絶好の展開から、上がりのかかる馬場が合いました。
1800~2000を中心に使ってきている馬で、決め手には不安があるスタミナ型という印象です。オークスTRを使うかは決まってないようですが、どちらにしても目標はオークスという事になりそうです。

もう一頭の2着パシフィックギャルはアルテミスS以来の休み明けという事を考えれば良い結果でした。
展開的にもいい位置にいましたし、この馬も中山実績はあり、悪い言い方をすれば中山適性のある先行馬3頭がそのまま来ただけともとれるレースですから、評価は難しいところではありますが、ここまで3着を外していない堅実さは評価できますね。
こちらもオークスが目標のようです。

フィリーズレビューはベルカントが控える競馬から抜け出し勝利

フィリーズレビュー

1着 ベルカント
2着 ニホンピロアンバー
3着 エスメラルディーナ

桜花賞トライアル、フィリーズレビューは2歳実績はありながらG1では大きく敗れたホウライアキコとベルカントがそれぞれ1,2番人気に推され、500万を勝って勢いに乗るヤマノフェアリー、ホッコーサラスター、ダンスアミーガなどが僅差の人気で続く構成で、注目度の高い一戦となりました。

勝ったベルカントは今回は逃げずに先行内からの競馬で、直線最内を突いて抜け出す競馬。
これまでの実績やサクラバクシンオー産駒という事もあって、とにかくスピードの印象の強い馬ですが、今回のレースでは少し違う一面を見せてくれました。
こういう形でのレースが出来た事は今後に向けて可能性は広がりますね。
次は桜花賞となりますが、距離の不安が解消されたわけではなく、やはり1600の距離が一番のポイントとなります。
阪神の内回り1400と外回りの1600では、全くレースの質が異なりますし、どちらかと言えば不安の方が大きいですね。
それでも恐らく桜花賞で圧倒的な人気となるハープスターは後方からですから、先行勢の有力馬となるこの馬にもチャンスはあるとは思います。今回見せた幅を武豊騎手がどう生かしてくるかというところですね。

2着ニホンピロアンバーはベルカントやホウライアキコが控えてくれた事で、すんなりと単騎に持ち込める形となったのが大きかったですね。
阪神JFでは逃げて大敗していますが、桜花賞もこの馬がペースを作る事になりそうです。

3着エスメラルディーナはダートの新馬戦を楽勝した後、ジュニアCで牡馬相手に快勝。ダートと時計のかかる中山での勝利という事もあって、評価の難しい馬でしたが、力はある事は見せました。
ただ最内から抜けたベルカントは仕方ないにしても、ニホンピロアンバーは捕まえたかったというのが正直なところでしょうか。
それでも桜花賞出走権の3着を確保したのは大きいですね。
現状ではハープスターを相手にどうこうという馬ではありませんが、まだまだ多くの可能性がありそうで、どの路線にいくのかも含めて楽しみな一頭ではありますね。

5着となったホウライアキコは直線で前が詰まりながらもよく伸びています。
坂に対する不安があるのですが、今回のレースでは進路の影響の方が大きく、坂がどうなのかというのは判断しにくいですね。
早熟傾向のヨハネスブルグ産駒という事と、阪神JFとこのレースの結果で、桜花賞は厳しいと決めつけるのは避けた方が良さそうです。
今回の結果だと桜花賞では、やはりもう少し前でという事になるんでしょうか。

アネモネSはペイシャフェリスが最内枠から逃げ切り。2着にニシノミチシルベ

アネモネS

1着 ペイシャフェリス
2着 ニシノミチシルベ

桜花賞トライアル、アネモネSは7番人気のペイシャフェリスがマイペースに持ち込みそのまま逃げ切り。最内枠を生かした理想的なレース運びでした。
桜花賞では他馬との兼ね合いやコース形態の違いから、簡単に今回のようにはいかないとは思いますし、アネモネS組は基本的には苦戦傾向で、ほとんどが1勝馬というメンバーだった今回もその傾向は変わらないでしょう。
ただ先行力はそれだけで大きな武器の一つですから、展開次第ではという部分はありますね。

2着のニシノミチシルベは中団から徐々に進出し、4コーナーでは2番手まで押し上げる形でペイシャフェリスを捉える事はできませんでしたが、上手く乗りましたね。
このレースに関してはとにかく桜花賞の切符を確保できた事が大きく、ニシノフラワーの孫で母父にセイウンスカイがいるこの馬が桜花賞に出走できる事を喜んでいる方も多いのではないでしょうか。
2歳時にはサフラン賞でフォーエバーモアから0.2差の2着、アルテミスSは0.2差の3着と力は見せている馬で、休み明けの菜の花賞、初の関西遠征で-20kgとなったエルフィンSは振るいませんでしたが、今回の相手ではきっちりと結果を出してきました。
桜花賞でもまずは輸送をクリアして、という事になります。馬体重には注目ですね。

1.7倍の1番人気に支持されながら4着だったマーブルカテドラルは後方から大外を回るロスは大きかったのでしょうが、同じく後方からで内を回ったウエスタンメルシーに差されたのは物足りないところですね。
ダイワメジャー産駒は格下の相手でも割と簡単に取りこぼすイメージもあるので、そこまで気にしなくてもいいのかもしれませんが、負け方としては良くはありませんね。

チューリップ賞はハープスターの圧勝。桜花賞の大本命へ

チューリップ賞

1着 ハープスター
2着 ヌーヴォレコルト
3着 リラヴァティ

ハープスターが単勝オッズ1.1倍という圧倒的な支持に応え、大外から楽に差し切る完勝でした。
このレースぶりを見るとちょっと桜花賞では逆らえないなぁという感じですね。
阪神JFのように内でごちゃついた場合の不安はありますが、そういう乗り方はしてこないでしょうし、内枠を引いた場合でもこの日のように一旦下げて外に出すだけでしょうから、大きな不安ではありません。
少なくとも今回のチューリップ賞のメンバーに本番で負ける事は考えにくいですね。

桜花賞の相手としては阪神JFで負けているレッドリヴェールや、同レースで3着でクイーンCを勝ったフォーエバーモアが現時点では候補となりますが、今回でやはりハープスターが一頭抜けているという構図になりそうです。

凱旋門賞にも登録を行ったという事で、もうこの馬は粗探しをするより、もっと大きな目標に向かって素直に応援した方がいいのかもしれませんね(笑)

2着のヌーヴォレコルトは中団外から最後まできちんと伸びました。
現時点でハープスターと比較するには少し厳しいですが、今後に向けてこの2着は非常に大きく、これも楽しみな一頭ですね。

レッドリヴェールはトライアルには出走せず桜花賞直行

無傷の3連勝で阪神JFを制したレッドリヴェールは、トライアルを使わずに桜花賞へ直行する事が決定したようです。

阪神JF時の馬体重が418kgと小さな馬で、2歳時の3戦も新馬の後中12週で札幌2歳S、中13週での阪神JFとなっていて、札幌2歳Sが消耗の激しいレースになった事もありますが、まだ体質的に足りない部分があり、成長を促す意味でも無理はしないとの判断になったようですね。

過去の例を考えれば阪神JFからのぶっつけで桜花賞に勝つのは本当に難しい事だと思いますが、やや奥手の傾向があるステイゴールド産駒でもありますし、この判断が将来的にプラスになる可能性も十分にあります。

ただ、馬券を買う方としては扱いが難しくなりました。
桜花賞トライアルではまた新たな桜花賞候補も現れてきそうですし、当然トライアルを見てからになりますが、ぶっつけだからと軽視するのか、一応押さえておくかの判断材料がもうなさそうです。
まぁ今考えても仕方ありませんね。

デビューから3連勝中の最優秀2歳牝馬レッドリヴェールは、トライアルを使う選択肢もあったが、桜花賞(4月13日、阪神、GI、芝1600メートル)へ直行することになった。その後、オークス(5月25日、東京、GI、芝2400メートル)へ向かう。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20140128/pog14012805020000-n1.html

ハープスターはチューリップ賞から桜花賞へ

阪神JF2着のハープスターはチューリップ賞から桜花賞へ向かう事になるようです。

阪神JFでは2着に敗れたとはいえ、1.7倍の人気を背負った馬ですし、現時点での牝馬クラシックの中心はやはりこの馬になるでしょう。
桜花賞に最も相性がいい王道チューリップ賞からというローテになり、今年もやはりチューリップ賞が桜花賞を占う上で大事なレースになりそうですね。

阪神JFで2着と惜敗したハープスター(牝3歳、栗東・松田博厩舎)は、チューリップ賞(3月8日、阪神)をステップに桜花賞を狙う。同馬はノーザンファームしがらきで調整中で、2月上旬には帰厩する見込み。「カイバ食いが旺盛で、前回は体がだいぶ増えて帰ってきたので、少し早めに戻すつもり」と松田博調教師は話していた。
http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20140116-OHT1T00137.htm

フェアリーSはオメガハートロックが勝利。レースレベルは?

フェアリーS

1着 オメガハートロック
2着 ニシノアカツキ
3着 リラヴァティ

中心馬不在で人気が割れる形となったフェアリーSですが、単勝オッズ4.4倍の1番人気に推されたオメガハートロックが勝ち、デビュー2連勝。
ゴール直前で外から差してきたオメガハートロックとニシノアカツキに一気に変わるレースで、前々から内で粘ったリラヴァティが3着。
展開や馬場を考えるとなかなか評価が難しいレースですね。

勝ったオメガハートロック、2着のニシノアカツキともに時計がかかる馬場で外差しの効く、この日の中山は合った感じがありますし、3着のリラヴァティも母父シングスピールでサドラー系を持っている馬でした。

レース全体も比較的僅差でしたし、馬場が合った3頭が来たと見れなくはない結果ですから、勝ったオメガハートロックにしてもこのレースで大きな評価はまだできませんね。