新着記事

アユサンが桜花賞制覇。ディープ産駒、デムーロ兄弟のワンツー


桜花賞

1着 アユサン
2着 レッドオーヴァル
3着 プリンセスジャック

サマリーズが逃げるやや速い流れを外からクロフネサプライズが追走し、3,4コーナーでは早くも前を捉え、クロフネサプライズが先頭で直線へ。
中団から馬群を割ってアユサンがクロフネサプライズに並びかけ突き放すと、さらに後方外からレッドオーヴァルが一気に交わす勢いで鋭く伸びてくる。アユサンと並んだところで脚色が一緒になり、最後の最後にアユサンがもう一伸び。
アユサンがレッドオーヴァルをクビ差抑えて、桜花賞制覇となりました。
3着には後方からしぶとく伸びた14番人気プリンセスジャック。クロフネサプライズは直線踏ん張るも4着でした。

勝ったアユサンは前日の丸山騎手の落馬負傷で直前でのC.デムーロ騎手への乗り替わり。好スタートからしっかり抑えて中団からという展開で、全体的に仕掛けが早くなった中でしっかりと我慢する好騎乗でした。
道中我慢できた分が最後の一伸びに繋がった印象ですね。

2着レッドオーヴァルも後方から。この馬は末脚が最大の武器なので後方からと決めていたのだとは思いますが、展開も向きしっかりと伸びてきました。
最後まで伸び切れなかった事で距離の不安はでてきそうですが、強風と時計のかかる馬場でのハイペースという事で最後に苦しくなる条件は揃っていました。勝ったアユサンを褒めたほうがいいのかもしれせんね。

3着プリンセスジャックは後方で自分の競馬に徹した事が良かったですね。
3月に亡くなった母ゴールデンジャックは父アフリートですがオークスは2着。
プリンセスジャックも父ダイワメジャーでオークスでは距離の不安はありますが、ひょっとしたら関係ないのかもしれません。

1,2着ともディープインパクトで、鞍上もデムーロ兄弟のワンツー。
終わってみれば、と言うのは簡単ですが配当が示すように非常に難しい桜花賞でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です