フィリーズレビューはベルカントが控える競馬から抜け出し勝利

フィリーズレビューはベルカントが控える競馬から抜け出し勝利

フィリーズレビュー

1着 ベルカント
2着 ニホンピロアンバー
3着 エスメラルディーナ

桜花賞トライアル、フィリーズレビューは2歳実績はありながらG1では大きく敗れたホウライアキコとベルカントがそれぞれ1,2番人気に推され、500万を勝って勢いに乗るヤマノフェアリー、ホッコーサラスター、ダンスアミーガなどが僅差の人気で続く構成で、注目度の高い一戦となりました。

勝ったベルカントは今回は逃げずに先行内からの競馬で、直線最内を突いて抜け出す競馬。
これまでの実績やサクラバクシンオー産駒という事もあって、とにかくスピードの印象の強い馬ですが、今回のレースでは少し違う一面を見せてくれました。
こういう形でのレースが出来た事は今後に向けて可能性は広がりますね。
次は桜花賞となりますが、距離の不安が解消されたわけではなく、やはり1600の距離が一番のポイントとなります。
阪神の内回り1400と外回りの1600では、全くレースの質が異なりますし、どちらかと言えば不安の方が大きいですね。
それでも恐らく桜花賞で圧倒的な人気となるハープスターは後方からですから、先行勢の有力馬となるこの馬にもチャンスはあるとは思います。今回見せた幅を武豊騎手がどう生かしてくるかというところですね。

2着ニホンピロアンバーはベルカントやホウライアキコが控えてくれた事で、すんなりと単騎に持ち込める形となったのが大きかったですね。
阪神JFでは逃げて大敗していますが、桜花賞もこの馬がペースを作る事になりそうです。

3着エスメラルディーナはダートの新馬戦を楽勝した後、ジュニアCで牡馬相手に快勝。ダートと時計のかかる中山での勝利という事もあって、評価の難しい馬でしたが、力はある事は見せました。
ただ最内から抜けたベルカントは仕方ないにしても、ニホンピロアンバーは捕まえたかったというのが正直なところでしょうか。
それでも桜花賞出走権の3着を確保したのは大きいですね。
現状ではハープスターを相手にどうこうという馬ではありませんが、まだまだ多くの可能性がありそうで、どの路線にいくのかも含めて楽しみな一頭ではありますね。

5着となったホウライアキコは直線で前が詰まりながらもよく伸びています。
坂に対する不安があるのですが、今回のレースでは進路の影響の方が大きく、坂がどうなのかというのは判断しにくいですね。
早熟傾向のヨハネスブルグ産駒という事と、阪神JFとこのレースの結果で、桜花賞は厳しいと決めつけるのは避けた方が良さそうです。
今回の結果だと桜花賞では、やはりもう少し前でという事になるんでしょうか。


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)