フラワーCはバウンスシャッセが快勝。桜花賞ではなく皐月賞へ挑戦

フラワーCはバウンスシャッセが快勝。桜花賞ではなく皐月賞へ挑戦

フラワーC

1着 バウンスシャッセ
2着(同着) マイネグレヴィル
2着(同着) パシフィックギャル

勝ったバウンスシャッセは先行の内で進め、直線を向いたところで一旦前が詰まる形になりましたが、進路が見つかると一気に突き抜け2馬身差をつける完勝。
やや遅かったペースも、今の中山の馬場状態もこの馬には合っていた印象ですね。

この後は桜花賞ではなく皐月賞へ向かうとの事。
前走で牡馬相手に中山2000の寒竹賞を勝っている事もありますし、阪神1600でハープスターとやるよりはこの馬自身の適性としては良さそうですが、牝馬で皐月賞というのは非常に難しいですし、フラワーC勝ちだけではどうしても見劣りしてしまいますね。

2着同着のマイネグレヴィルはこちらも絶好の展開から、上がりのかかる馬場が合いました。
1800~2000を中心に使ってきている馬で、決め手には不安があるスタミナ型という印象です。オークスTRを使うかは決まってないようですが、どちらにしても目標はオークスという事になりそうです。

もう一頭の2着パシフィックギャルはアルテミスS以来の休み明けという事を考えれば良い結果でした。
展開的にもいい位置にいましたし、この馬も中山実績はあり、悪い言い方をすれば中山適性のある先行馬3頭がそのまま来ただけともとれるレースですから、評価は難しいところではありますが、ここまで3着を外していない堅実さは評価できますね。
こちらもオークスが目標のようです。


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)