新着記事

レッドオーヴァル3馬身差の快勝。紅梅S


紅梅S

1着 レッドオーヴァル
2着 メイショウマンボ
3着 オツウ

後方から進めたレッドオーヴァルが直線を向いて外に出し、一気に突き抜けて3馬身差の快勝。
新馬戦こそスズノネイロに敗れたものの、続く未勝利戦は3馬身差、紅梅Sで連勝となった事でクラシック候補の一頭となってきました。

血統的にも安田記念を勝ったストロングリターンの下で父がディープインパクト。
桜花賞に向けて期待の高まる一頭ですが、まずはトライアルですね。
ここまで3走が全て1400mなので、チューリップ賞で1600を使ってという形を予定しているようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です