新着記事

ウキヨノカゼ、桜花賞は回避が決定。オークスを目標に


クイーンCを勝ったウキヨノカゼが、疲れが抜けない事から桜花賞の回避が決まったようです。
新馬勝ち後のフェアリーSで2着、3戦目のクイーンCで重賞初制覇と、3戦2勝2着1回でオンファイア産駒という事もあり、桜花賞でも注目の一頭でしたがこれは残念です。
オークスを目標にしていくという事なので、オークストライアルあたりを使ってこれるかどうかですね。

2月のGⅢクイーンC(写真)を制したウキヨノカゼ(牝3・菊沢)が4・7桜花賞を回避することが7日、決まった。

 菊沢調教師「桜花賞直行の予定だったが、前走の疲れが抜けないので回避することにしました。もともとオークス向きと思っていたので、そこに目標に切り替えていく」
http://www.tokyo-sports.co.jp/race/117393/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です