新着記事

クラウンロゼが無傷3連勝で桜花賞へ名乗り。アネモネS


アネモネS

1着 クラウンロゼ
2着 ジーニマジック
3着 サクラディソール

モーニングムーンが先手をとり、サクラディソールも大外枠から積極的に前へいき、やや掛かり気味に番手。ジーニマジックは好位という位置取り。
前走フェアリーSを逃げて勝っているクラウンロゼはスタートから出足も良かったが、意図的に抑え中団からの構え。
4コーナーでサクラディソールは早くも先頭を捉え、その外からジーニマジック。押し上げてきたクラウンロゼがその外。

直線を向いてサクラディソールが抜け出すも、外からクラウンロゼが一気に差し切り、無傷の3連勝。2着にはジーニマジックが入り、サクラディソールは3着。

勝ったクラウンロゼは中団から差す競馬で勝てたのは大きな収穫ですね。
1600mで重賞を含む3連勝ですが、桜花賞では分が悪いアネモネS組、関東でしか走っていない事、父ロサードに母父ヒシアケボノという血統と、人気になりにくい条件が揃っています。勝ち方も派手ではないですしね。
輸送や、阪神コースでキレを要求された時にどうなのかなど未知数の部分は多いですが、今回は期待させてくれる勝ち方でした。
桜花賞でも注目の1頭でしょう。

2着ジーニマジックはロスなく乗って2着。ダイワメジャー産駒らしい好位から粘れる馬なので、相手が強くなる桜花賞でも粘ってくる可能性は十分にありそうです。
ただ今年はクロフネサプライズが前で人気しそうですから、その辺の兼ね合いは微妙ですね。

3着サクラディソールは不利といわれる中山マイルの大外枠から積極的な競馬を見せましたが、掛かってしまった事もあり最後に持たなかったという印象ですね。
桜花賞出走の権利がかかるレースで不利な枠を引いてしまい、積極的に勝負したけど今回は負けという結果になった、という事でいいんじゃないでしょうか。勝負事なんで仕方ありません。評価を落とすレースではないでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です