新着記事

サクラプレジールは桜花賞回避。サンブルエミューズ、プリンセスジャックともに出走可能に


フラワーCを勝ち、桜花賞に登録していたサクラプレジールは桜花賞の回避が決定。オークスを目標にする事になりました。

フラワーCを勝った際にも横山典弘騎手が体質の弱さに言及していましたし、デビューから2戦、2ヶ月程度しか経っていない状況でのG1桜花賞は確かにリスクの面も大きいでしょう。
素質の高さは間違いない馬ですから陣営もここは慎重にというところではないでしょうか。オークスで再度期待ですね。

サクラプレジールの回避によって1/2抽選だったサンブルエミューズとプリンセスジャックは出走が確定。
他に回避馬が出た場合はエバーブロッサムから出走可能になる状況です。

2戦2勝でフラワーCを制したサクラプレジール(美浦・尾関知人厩舎、牝3歳)は、登録のある桜花賞を回避する。28日、管理する尾関知人調教師から明らかにした。

 「桜花賞は使わずにオークス(5月19日、東京、GI、芝2400メートル)一本で行くことになりました。今週中にはいったん放牧に出す予定です。(オークスまで)時間もあるし、フレッシュな状態で納得のいく仕上げができると思います」と尾関師は話した。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130328/pog13032815390008-n1.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です