Category Archives: ニュース・情報

クロフネサプライズは桜花賞を勝てるか?過去データから似たタイプを探してみる

桜花賞で1番人気が予想されるクロフネサプライズを過去10年の傾向から分析してみます。

まずはクロフネサプライズといえば阪神JFで15番人気の2着。このレースでこの馬は一気に評価を上げました。
そして休み明けのチューリップ賞は3番人気で圧勝し、桜花賞では1番人気になりそうな状況。
このように走る度に評価を上げてきた馬という事で、過去に阪神JFを人気薄で好走し、トライアルでも好走した馬を挙げてみます。
年は桜花賞開催年とします。

馬名 阪神JF トライアル 桜花賞
12 アイムユアーズ 8人気2着 フィリーズ
1人気1着
3人気3着
11 ライステラス 8人気3着 チューリップ
2人気2着
5人気12着
06 テイエムプリキュア 8人気1着 チューリップ
1人気4着
3人気8着
04 ヤマニンシュクル 6人気1着 チューリップ
2人気3着
4人気3着
03 ヤマカツリリー 11人気2着 フィリーズ
1人気1着
3人気4着

ここ10年ではこのくらいが該当するところですが、一番近いのはヤマカツリリーでしょうか。昨年のアイムユアーズも近いと言えば近いですね。

昨年の結果はご存知の通りシンザン記念を牡馬相手に制し、チューリップ賞4着だったジェンティルドンナ。2着にはクイーンC1着から直行のヴィルシーナでした。
ヤマカツリリーが出ていた03年の桜花賞はチューリップ賞2着のスティルインラブが勝ち、2着にはチューリップ賞4着のシーイズトウショウが15番人気で入っています。3着は若葉S1着からのアドマイヤグルーヴですが、この馬はちょっと例外ですね。

桜花賞を勝っている馬がいないのは気になるところです。

続いては展開予想も含めたところで、チューリップ賞で4角2番手以内で桜花賞にも出てきた馬です。

馬名 チューリップ チューリップ
通過順
桜花賞 桜花賞
通過順
10 ワイルドラズベリー 3人気7着 2-2 12人気10着 7-6
09 サクラミモザ 7人気2着 1-1 4人気10着 3-3
08 エアパスカル 5人気1着 1-1 7人気9着 3-3
07 ダイワスカーレット 2人気2着 1-1 3人気1着 3-3
06 ラッシュライフ 4人気5着 2-2-2 10人気9着 7-3-3
06 タッチザピーク 3人気9着 4-2-2 11人気10着 5-7-5
03 シーイズトウショウ 5人気4着 3-3-2 13人気2着 2-3-3

チューリップ賞を逃げて勝っている馬がエアパスカルしかいないので、参考にしにくい部分はあるのですが、注目したいのはシーイズトウショウ以外は全て桜花賞ではチューリップ賞より後ろの通過順になっている事ですね。

クロフネサプライズもチューリップ賞ではスタートから行く形ではなく、他に行く馬がいなかったから行ったという感じでしたし、阪神JFでは2番手からの競馬をしています。
フィリーズレビューで逃げたティズトレメンダスもいますし、桜花賞でも2,3番手、あるいはもう少し後ろからという展開も想定できますね。

続いてはクロフネ産駒の桜花賞の成績です。

馬名 桜花賞 前走
12 アラフネ 17人気16着 クイーンC 12着
11 ホエールキャプチャ 1人気2着 クイーンC 1着
11 ウッドシップ 18人気13着 ファルコンS 11着
11 マルモセーラ 13人気17着 阪神JF 12着
08 オディール 3人気12着 チューリップ賞 3着
06 シェルズレイ 7人気5着 チューリップ賞 2着

オディールが大きく負けている以外はまぁ人気通りといったところでしょうか。
ホエールキャプチャも人気で負けてはいますが3/4馬身差の2着ですし、特に悪い印象はありません。
クロフネ産駒ではありませんが08年の桜花賞を制したレジネッタはクロフネの父フレンチデピュティの産駒です。

全体的にあまりいいデータはなく、ちょっと珍しいパターンの人気馬になりそうです。
阪神JFとチューリップ賞で続けて好走というのは王道なのですが、阪神JFの人気が問題ですね。
デビューから1200を3戦続けて使っていて、りんどう賞を勝ってはいますが短距離向きだと思われたのが主な理由だとは思います。
父クロフネ母父トニービンといえばカレンチャンですが、今年のダイヤモンドSに出走していたエイシンミラージュなどもいますし、短距離じゃないとダメという感じではありません。

デビューから短いところを使われて桜花賞で好走した馬だと、近年ではやはりアイムユアーズですが、そこまで短いところで結果が出ていないのでちょっと違いますね。
ホエールキャプチャもデビューは1200で、こちらの方が印象としては近いです。ホエールキャプチャは桜花賞では後方からという形になりましたが。

似たような戦績、脚質、血統を調べてみましたが、勝つには少し足りないという感じになりました。
あくまで過去データからの傾向なので参考程度ですが、人気薄での阪神JF2着、スローでのチューリップ賞逃げ切り、人気のサンデー系ではなくクロフネ産駒、というあたりを考えると確かに不安要素はいくらでも出せそうです。
今週末、恐らく人気を背負う形でどのようなレースを見せてくれるのでしょうか。

サクラプレジールは桜花賞回避。サンブルエミューズ、プリンセスジャックともに出走可能に

フラワーCを勝ち、桜花賞に登録していたサクラプレジールは桜花賞の回避が決定。オークスを目標にする事になりました。

フラワーCを勝った際にも横山典弘騎手が体質の弱さに言及していましたし、デビューから2戦、2ヶ月程度しか経っていない状況でのG1桜花賞は確かにリスクの面も大きいでしょう。
素質の高さは間違いない馬ですから陣営もここは慎重にというところではないでしょうか。オークスで再度期待ですね。

サクラプレジールの回避によって1/2抽選だったサンブルエミューズとプリンセスジャックは出走が確定。
他に回避馬が出た場合はエバーブロッサムから出走可能になる状況です。

2戦2勝でフラワーCを制したサクラプレジール(美浦・尾関知人厩舎、牝3歳)は、登録のある桜花賞を回避する。28日、管理する尾関知人調教師から明らかにした。

 「桜花賞は使わずにオークス(5月19日、東京、GI、芝2400メートル)一本で行くことになりました。今週中にはいったん放牧に出す予定です。(オークスまで)時間もあるし、フレッシュな状態で納得のいく仕上げができると思います」と尾関師は話した。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130328/pog13032815390008-n1.html

桜花賞に登録28頭。回避馬がでなければサンブルエミューズとプリンセスジャックが抽選

桜花賞の出走登録が行われました。
全日本2歳優駿の勝ち馬でダート3勝のサマリーズはフィリーズレビュー16着ながらも登録。
回避馬が出なかった場合、出走賞金ラインは1150万と高くなりそうです。

優先出走
クロフネサプライズ
ウインプリメーラ
アユサン
メイショウマンボ
ナンシーシャイン
ティズトレメンダス
クラウンロゼ
ジーニマジック

賞金順
ローブティサージュ
サマリーズ
サクラプレジール
ストークアンドレイ
コレクターアイテム
サウンドリアーナ
シーブリーズライフ
トーセンソレイユ
レッドオーヴァル

ここまでが確定
1150万の2頭が抽選です。

サンブルエミューズ
プリンセスジャック

あとは除外対象で、2頭以上回避馬が出れば賞金順となります。
エバーブロッサム
サクラディソール
タガノハピネス
タンスチョキン
他400万5頭

回避する可能性のある馬としてはサマリーズ、ストークアンドレイはまだ未定のようです。
サクラプレジールも出走の方向ではいるようですが、様子を見ながらという状況みたいですね。

トーセンソレイユ桜花賞の鞍上はシュタルケ騎手に決定

エルフィンSでデビュー2連勝を飾り、桜花賞直行予定のディープインパクトの半妹トーセンソレイユの桜花賞の鞍上がシュタルケ騎手に決まったようです。

シュタルケ騎手は昨年のドイツでリーディングを獲得している39歳のベテランで、凱旋門賞を制したデインドリームの主戦ジョッキー。
日本ではデインドリームで参戦したジャパンカップやWSJSなどでごく少数の騎乗はありますが、目立った成績は残せていません。
今週土日の阪神で若葉Sのサトノノブレス、阪神大賞典のフォゲッタブルなど10鞍に騎乗予定なので、注目ですね。

14日、ドイツのトップジョッキー、アンドレアシュ・シュタルケ(39)が諸手続きのため、栗東トレセンを訪れた。今週末からの短期免許を取得し、1カ月の滞在予定。来日6回目にして初の長期滞在に「ベリー・エキサイティング」と瞳を輝かせた。今週は若葉Sでサトノノブレス、阪神大賞典でフォゲッタブルとコンビを組む。また、桜花賞ではディープインパクトの半妹・トーセンソレイユに騎乗することが決まった。
http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2013/03/15/kiji/K20130315005395380.html

ウキヨノカゼ、桜花賞は回避が決定。オークスを目標に

クイーンCを勝ったウキヨノカゼが、疲れが抜けない事から桜花賞の回避が決まったようです。
新馬勝ち後のフェアリーSで2着、3戦目のクイーンCで重賞初制覇と、3戦2勝2着1回でオンファイア産駒という事もあり、桜花賞でも注目の一頭でしたがこれは残念です。
オークスを目標にしていくという事なので、オークストライアルあたりを使ってこれるかどうかですね。

2月のGⅢクイーンC(写真)を制したウキヨノカゼ(牝3・菊沢)が4・7桜花賞を回避することが7日、決まった。

 菊沢調教師「桜花賞直行の予定だったが、前走の疲れが抜けないので回避することにしました。もともとオークス向きと思っていたので、そこに目標に切り替えていく」
http://www.tokyo-sports.co.jp/race/117393/