Tag Archives: プリンセスジャック

アユサンが桜花賞制覇。ディープ産駒、デムーロ兄弟のワンツー

桜花賞

1着 アユサン
2着 レッドオーヴァル
3着 プリンセスジャック

サマリーズが逃げるやや速い流れを外からクロフネサプライズが追走し、3,4コーナーでは早くも前を捉え、クロフネサプライズが先頭で直線へ。
中団から馬群を割ってアユサンがクロフネサプライズに並びかけ突き放すと、さらに後方外からレッドオーヴァルが一気に交わす勢いで鋭く伸びてくる。アユサンと並んだところで脚色が一緒になり、最後の最後にアユサンがもう一伸び。
アユサンがレッドオーヴァルをクビ差抑えて、桜花賞制覇となりました。
3着には後方からしぶとく伸びた14番人気プリンセスジャック。クロフネサプライズは直線踏ん張るも4着でした。

勝ったアユサンは前日の丸山騎手の落馬負傷で直前でのC.デムーロ騎手への乗り替わり。好スタートからしっかり抑えて中団からという展開で、全体的に仕掛けが早くなった中でしっかりと我慢する好騎乗でした。
道中我慢できた分が最後の一伸びに繋がった印象ですね。

2着レッドオーヴァルも後方から。この馬は末脚が最大の武器なので後方からと決めていたのだとは思いますが、展開も向きしっかりと伸びてきました。
最後まで伸び切れなかった事で距離の不安はでてきそうですが、強風と時計のかかる馬場でのハイペースという事で最後に苦しくなる条件は揃っていました。勝ったアユサンを褒めたほうがいいのかもしれせんね。

3着プリンセスジャックは後方で自分の競馬に徹した事が良かったですね。
3月に亡くなった母ゴールデンジャックは父アフリートですがオークスは2着。
プリンセスジャックも父ダイワメジャーでオークスでは距離の不安はありますが、ひょっとしたら関係ないのかもしれません。

1,2着ともディープインパクトで、鞍上もデムーロ兄弟のワンツー。
終わってみれば、と言うのは簡単ですが配当が示すように非常に難しい桜花賞でした。

サクラプレジールは桜花賞回避。サンブルエミューズ、プリンセスジャックともに出走可能に

フラワーCを勝ち、桜花賞に登録していたサクラプレジールは桜花賞の回避が決定。オークスを目標にする事になりました。

フラワーCを勝った際にも横山典弘騎手が体質の弱さに言及していましたし、デビューから2戦、2ヶ月程度しか経っていない状況でのG1桜花賞は確かにリスクの面も大きいでしょう。
素質の高さは間違いない馬ですから陣営もここは慎重にというところではないでしょうか。オークスで再度期待ですね。

サクラプレジールの回避によって1/2抽選だったサンブルエミューズとプリンセスジャックは出走が確定。
他に回避馬が出た場合はエバーブロッサムから出走可能になる状況です。

2戦2勝でフラワーCを制したサクラプレジール(美浦・尾関知人厩舎、牝3歳)は、登録のある桜花賞を回避する。28日、管理する尾関知人調教師から明らかにした。

 「桜花賞は使わずにオークス(5月19日、東京、GI、芝2400メートル)一本で行くことになりました。今週中にはいったん放牧に出す予定です。(オークスまで)時間もあるし、フレッシュな状態で納得のいく仕上げができると思います」と尾関師は話した。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130328/pog13032815390008-n1.html