新着記事

クラウンロゼが無傷3連勝で桜花賞へ名乗り。アネモネS

アネモネS

1着 クラウンロゼ
2着 ジーニマジック
3着 サクラディソール

モーニングムーンが先手をとり、サクラディソールも大外枠から積極的に前へいき、やや掛かり気味に番手。ジーニマジックは好位という位置取り。
前走フェアリーSを逃げて勝っているクラウンロゼはスタートから出足も良かったが、意図的に抑え中団からの構え。
4コーナーでサクラディソールは早くも先頭を捉え、その外からジーニマジック。押し上げてきたクラウンロゼがその外。

直線を向いてサクラディソールが抜け出すも、外からクラウンロゼが一気に差し切り、無傷の3連勝。2着にはジーニマジックが入り、サクラディソールは3着。

勝ったクラウンロゼは中団から差す競馬で勝てたのは大きな収穫ですね。
1600mで重賞を含む3連勝ですが、桜花賞では分が悪いアネモネS組、関東でしか走っていない事、父ロサードに母父ヒシアケボノという血統と、人気になりにくい条件が揃っています。勝ち方も派手ではないですしね。
輸送や、阪神コースでキレを要求された時にどうなのかなど未知数の部分は多いですが、今回は期待させてくれる勝ち方でした。
桜花賞でも注目の1頭でしょう。

2着ジーニマジックはロスなく乗って2着。ダイワメジャー産駒らしい好位から粘れる馬なので、相手が強くなる桜花賞でも粘ってくる可能性は十分にありそうです。
ただ今年はクロフネサプライズが前で人気しそうですから、その辺の兼ね合いは微妙ですね。

3着サクラディソールは不利といわれる中山マイルの大外枠から積極的な競馬を見せましたが、掛かってしまった事もあり最後に持たなかったという印象ですね。
桜花賞出走の権利がかかるレースで不利な枠を引いてしまい、積極的に勝負したけど今回は負けという結果になった、という事でいいんじゃないでしょうか。勝負事なんで仕方ありません。評価を落とすレースではないでしょう。

ウキヨノカゼ、桜花賞は回避が決定。オークスを目標に

クイーンCを勝ったウキヨノカゼが、疲れが抜けない事から桜花賞の回避が決まったようです。
新馬勝ち後のフェアリーSで2着、3戦目のクイーンCで重賞初制覇と、3戦2勝2着1回でオンファイア産駒という事もあり、桜花賞でも注目の一頭でしたがこれは残念です。
オークスを目標にしていくという事なので、オークストライアルあたりを使ってこれるかどうかですね。

2月のGⅢクイーンC(写真)を制したウキヨノカゼ(牝3・菊沢)が4・7桜花賞を回避することが7日、決まった。

 菊沢調教師「桜花賞直行の予定だったが、前走の疲れが抜けないので回避することにしました。もともとオークス向きと思っていたので、そこに目標に切り替えていく」
http://www.tokyo-sports.co.jp/race/117393/

チューリップ賞は展開にも恵まれクロフネサプライズが逃げ切り圧勝。

チューリップ賞

1着 クロフネサプライズ
2着 ウインプリメーラ
3着 アユサン

未勝利、紅梅Sとともに3馬身差で勝ってきたレッドオーヴァルが阪神JFの覇者ローブティサージュを抑えて1番人気に支持されました。

レースはスタートからいく馬がおらず、押し出されるようにクロフネサプライズが先頭に。そのままクロフネサプライズはマイペースの単騎逃げに持ち込み終始楽な展開で4コーナーへ。
人気のレッドオーヴァル、ローブティサージュはまだ後方。阪神外回りとはいえ、稍重から良に回復したばかりの馬場でこの展開では絶望的な差がついた状況で直線へ。
結局逃げたクロフネサプライズがそのまま逃げ切り、2着にも2番手追走のウインプリメーラという前残りの結果になりました。
レッドオーヴァルは上がり最速も7着。ローブティサージュは9着。

勝ったクロフネサプライズはさすがに楽に行かせすぎましたね。前走の阪神JFでは厳しい流れを前で踏ん張って2着している馬ですから、ここまで楽に行ければ楽勝でした。
それにしても逃げて上がり34.7はなかなかのもので、阪神JFの結果もありますから、桜花賞でかなり有力な先行馬となりました。
ただここでこれだけ鮮やかな勝ち方をした事で、桜花賞ではマークも厳しくなりそうです。元々速くなりやすいレースでもありますし、今回より厳しい展開になるのは間違いありません。

2着ウインプリメーラはエルフィンSに続いての2着。今回は展開に恵まれた上に勝ち馬には完敗なので、本番では厳しくなりそうですが、好走を続けるステイゴールド産駒は怖いですね。昨年はオークスですがアイスフォーリスがこんな感じの成績で3着してました。

不発に終わった人気2頭は今回は展開でいいでしょう。
レッドオーヴァルは初のマイルでしたがこのペースでは分からないままですね。それでも今回も上がり最速と、この馬は末脚が武器なので、桜花賞でも末脚勝負という形になるのではないでしょうか。

対してローブティサージュは、7着と9着なので参考になるかは微妙ですがレッドオーヴァルに切れ負けという形。
父ウォーエンブレムで今までもそこまで鋭い脚を見せているわけでもないんで、ペースにもよりますが桜花賞ではもう少し前で勝負したいところですね。

クイーンCはウキヨノカゼが隙のない勝利。スイートサルサも差し脚鋭く2着。

クイーンC

1着 ウキヨノカゼ
2着 スイートサルサ
3着 イリュミナンス
3着 ジーニマジック

ジーニマジックが逃げ、ウキヨノカゼは先行集団の外、イリュミナンスは中団、コレクターアイテムとスイートサルサは後方からと有力どころはほぼ想定通りの形。

直線を向いて粘るジーニマジックの外からウキヨノカゼが差を詰め一気に捕まえ、後方中央からはイリュミナンス、その外からスイートサルサが猛追し、ジーニマジックを捉えたかというところがゴール。
2着は外から追い込んだスイートサルサ、3着はイリュミナンスとジーニマジックが同着という結果となりました。

馬場の内側が非常にいい状態で、逃げたジーニマジックの健闘は馬場の影響も大きかったですね。
ウキヨノカゼも外枠の為、道中は外を回されましたが直線に入って内を確保。乗り方も上手かったですね。

イリュミナンスもコース取りは悪くありませんでしたが、やはりこの馬はエンジンがかかるのが遅いのでしょうか。伸び始めてからはいい脚を使うのですが、勝負どころでやや置かれてしまうレースが続いてますね。今回はスイートサルサに後ろからもやられてしまいましたが…。

スイートサルサは直線入り口までは内で、前が詰まってしまって外で出す形。進路を確保してからは鋭く伸びました。
後ろからの馬なので、これからも馬場や展開に左右される事は多くなってしまうかもしれませんね。もちろん逆にハマった時の一発は期待できます。

コレクターアイテムは外を回す苦しい展開でしたが、それにしてももうちょっと頑張ってほしかったですね。
ただ今回の東京であの位置で外を回したらまず届かないのは事実で、斤量も1kg余計に背負ってましたからそこまで悲観する事はないのかもしれません。

ディープ妹トーセンソレイユ。抜群の切れ味でエルフィンS快勝

エルフィンS

1着 トーセンソレイユ
2着 ウインプリメーラ
3着 グッドレインボー

2番人気に支持されたディープインパクトの妹トーセンソレイユ。4角から直線を向いても手応えがイマイチな感じで、やっと伸び始めるも手遅れかと思わせましたが、最後の1ハロンで馬群を縫うように圧巻の差し切り勝ち。
なかなか見ることのない勝ち方でしたね。

ディープインパクトの下で父はネオユニヴァース。何もしなくても注目される馬ですが、デビュー2連勝でこの勝ち方、さらに注目が集まることとなりました。
トライアルはパスして桜花賞直行との事で予想は難しくなりそうですが、ある程度の人気は間違いないでしょう。
キャリア2戦もかなりの不安材料になりますが、このレースのインパクトが大きすぎて、なんとかなるのではないかという気にもさせてくれる一頭です。

レッドオーヴァル3馬身差の快勝。紅梅S

紅梅S

1着 レッドオーヴァル
2着 メイショウマンボ
3着 オツウ

後方から進めたレッドオーヴァルが直線を向いて外に出し、一気に突き抜けて3馬身差の快勝。
新馬戦こそスズノネイロに敗れたものの、続く未勝利戦は3馬身差、紅梅Sで連勝となった事でクラシック候補の一頭となってきました。

血統的にも安田記念を勝ったストロングリターンの下で父がディープインパクト。
桜花賞に向けて期待の高まる一頭ですが、まずはトライアルですね。
ここまで3走が全て1400mなので、チューリップ賞で1600を使ってという形を予定しているようです。

フェアリーSはクラウンロゼ。先行組での決着。

フェアリーS

1着 クラウンロゼ
2着 ウキヨノカゼ
3着 サンブルエミューズ

クラウンロゼが逃げ、サンブルエミューズが2番手で続くスローな流れ、ウキヨノカゼ、イリュミナンスも前につけるが、イリュミナンスは道中スムーズさを欠いて少しポジションを落とす形で4コーナーへ。
直線を向いてサンブルエミューズがクラウンロゼを捉え先頭に立つも最後に脚色が鈍り、内からもう一度クラウンロゼが差し返し、馬場のいい外目に出したウキヨノカゼが突っ込んできたところでゴール。クラウンロゼが頭差残しての勝利となり、ウキヨノカゼは2着。サンブルエミューズが3着となりました。

あとは中を割ってようやく伸びてきたイリュミナンス。大外枠も響いて外を回したスイートサルサが5着という結果でした。

サンブルエミューズは押し切るかという流れでしたが、14番枠から先行した事や、先に抜け出す形になってしまった事が最後に響いた形ですかね。クラウンロゼに差し返されたのはちょっと不安の残る結果ではあります。

イリュミナンスは最後伸びているだけに道中のもたつきが気になるところ。中山マイルも合わない感じです。

スイートサルサは大外枠からで苦しい展開。これだけやれれば及第点ですね。

2012年の参考レース

阪神JF 12/9 阪神1600

最内枠から内でしっかりと我慢できたローブティサージュが直線を向いて外に出し、先に抜けだしていたクロフネサプライズをクビ差とらえる勝利。馬の器用さと力があっての事なのはもちろんですが、秋山騎手の好騎乗が光りました。

ファンタジーS 11/10 京都1400

サウンドリアーナが2番手追走から押し切る3馬身差の完勝。後方外から伸びたローブティサージュが2着。

アルテミスS 11/3 東京1600

人気のコレクターアイテムが内から伸びて勝利。外から伸びたアユサンとの2頭の末脚が目立ちました。

桜花賞の特徴

コースの特徴
2006年末に阪神コースが改修されて、このコースでの桜花賞は07年からとなります。
阪神外回りの1600mはゆったりとしたコーナー2つで、直線距離も長く、力勝負になりやすいコースです。
コースとしてはそのゆったりとした形態からスローペースにはなりやすく、直線が長くても逃げ、先行馬に注意が必要ですが、桜花賞の場合は極端なスローは考えにくく、基本的には平均以上のペースでの決め手勝負と考えてもいいでしょう。

レースの特徴
3歳牝馬のこの時期のレースなので傾向をつかむのは少し難しいレースです。
前述のように各馬が力を出しやすいコースになった事で、同じ舞台で行われる阪神JFやチューリップ賞で結果を残してきた馬がここでも順当に活躍することは多くなっています。
特にチューリップ賞は毎年のように連対していて、大荒れになった08年や、チューリップ賞を圧勝したレーヴディソールが回避した11年などはありますが、チューリップ賞から入るのがセオリーではあります。

ただかつては全く振るわなかった、トライアルを使わずにクイーンCやエルフィンSからの直行組が近年では結果を残していて、予想としてはより難しいものになっています。

枠順は揉まれにくい外枠の方がやや有利な傾向が見受けられます。

2012年の桜花賞

桜花賞

1番人気はジョワドヴィーヴル。ブエナビスタの下でデビュー2戦目に阪神JF制覇。休み明けのチューリップ賞は3着に敗れましたが、ここでも人気は健在でした。

レースはヴィルシーナが先頭集団にいましたが、人気どころは中団から後方の流れ。
直線を向いて馬場の中央からジェンティルドンナが力強く伸び、内にいたアイムユアーズ、ヴィルシーナを一気に交わし1着。ヴィルシーナは前々で競馬をしながら最後までしっかりと伸び2着。続いてアイムユアーズとなりました。
人気のジョワドヴィーヴルは終始外めを回る展開で伸びきれず6着まで。

ジェンティルドンナの完勝と言ってもいいレースでしたが、全体的にうまくいきすぎた感もあり、ヴィルシーナの粘りも目立ちました。ヴィルシーナはエリカ賞勝ちもあり早い時期からオークス向きと言われていた事で、この勝ち方でもジェンティルドンナは牝馬クラシックの主役にはまだならなかったという、後から見れば面白いレースでもありますね。